海外技術協力

青函トンネル・新幹線・都市鉄道建設等を通じて培った総合的な技術力と経験を活かし、鉄道部門における建設計画、設計、施工技術等の多くの分野にわたり技術協力を実施しており、国等が進める我が国鉄道技術の海外展開の取り組みに対し協力しています。

技術協力の実績

機構は日本鉄道建設公団時代から過去52年間にわたり、職員を専門家(長期及び短期)として海外へ派遣する一方、海外からの研修員・視察団等の受け入れを実施しています。

専門家の派遣実績

70カ国 2,093名(平成27年度末まで)

研修員等の受入れ実績

104カ国 3,938名(平成27年度末まで)

画像
機構がこれまでに海外技術協力を実施した国及び地域