鉄道整備の資金の流れ

鉄道整備等に係る資金の流れ

機構は、国の補助金、地方公共団体の負担金又は補助金、鉄道事業者の負担金及びJRから収受する整備新幹線の貸付料収入と既設新幹線の譲渡収入の一部の資金並びに財政投融資資金及び民間資金の借入金などの資金を財源として、鉄道の建設等を行っています。

新幹線鉄道

(単位:億円)
平成29年度
事業費
国(補助金) 既設新幹線
譲渡収入の一部
地方公共団体
負担金
貸付料等
2,656 781 443 599 833
(注)平成29年度事業費には、整備新幹線高度化等事業費26億円を含む(全額国の補助金)
概要図
財源スキームの表(新幹線鉄道)

民鉄線

(単位:億円)
平成29年度事業費 財政融資資金 機構(借入金等)
19 7 12
概要図
財源スキームの表(民鉄線)

都市鉄道利便増進事業(速達性向上事業)

神奈川東部方面線(相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線)

(単位:億円)
平成29年度事業費 国(補助金) 機構(借入金等) 地方公共団体補助金
513 116 275 122
(注)事業費総額の内訳は国(補助金) 1/3、機構(借入金等) 1/3、地方公共団体補助金 1/3
財源スキームの表(都市鉄道利便増進事業)
財源スキームの表(都市鉄道利便増進事業)

津軽海峡線(青函トンネル施設改修事業)

(単位:億円)
平成29年度事業費 国(補助金) JR北海道負担金
13 9 4
(注)国(補助金) 2/3、JR北海道負担金 1/3
財源スキームの表(津軽海峡線)
財源スキームの表(津軽海峡線)

貸付料及び譲渡対価について

機構は、鉄道施設の完成後、各鉄道事業者に対して鉄道施設を貸付け又は譲渡し、貸付料又は譲渡対価を収受しています。なお、貸付料及び譲渡対価は、次のとおりとなっています。

貸付線

区分 貸付料
新幹線鉄道
  • 受益の額(新幹線鉄道の開業により営業主体に発生する受益(30年間))を基準
  • 租税及び管理費
主要幹線及び大都市交通線
  • 元利均等半年賦償還(期間等:国土交通大臣の指定)
  • 租税及び管理費等
津軽海峡線
  • 租税及び管理費

譲渡線

区分 譲渡対価
民鉄線・主要幹線鉄道線・都市鉄道線
  • 元利均等半年賦償還(期間等:国土交通大臣の指定)
  • 管理費等