石綿(アスベスト)対策

当機構では、日本国有鉄道清算事業団から日本鉄道建設公団を経て、日本国有鉄道の権利義務を承継しております。
なかでも元国鉄職員であった皆様に直接かかわりがある業務として、

  • 経歴証明(在籍証明を含む。)業務
  • 叙位叙勲業務
  • 恩給進達業務
  • 国鉄当時の業務災害等に起因する補償業務

等を実施しております。
昨今、大きな社会問題となっている石綿(アスベスト)による疾病に関しましては、かつて工場等において車両整備、点検、修理作業等に従事された元職員の方の中からその発症事例が出現しておりますが、当機構としては以下の通り対応しております。

業務災害補償の認定申請を希望される方へのご案内

元国鉄職員(各JRで退職された方につきましては、各々退職されたJRに連絡願います)で業務災害補償の認定申請を希望される方は、下記「業務災害補償の認定申請を希望される方へのご案内」をご覧ください。

  1. 業務災害補償制度の概要
  2. 業務災害補償業務の窓口

業務災害補償の認定申請を希望される方へのご案内

元国鉄職員に対する石綿(アスベスト)を起因とする業務災害補償等認定実績

これまでに実施した業務災害補償等の認定実績については、下記「元国鉄職員に対する石綿(アスベスト)を起因とする業務災害補償等認定実績」をご覧ください。

  1. 業務災害補償等認定状況
  2. 所属職場及び疾病別認定実績
  3. 健康診断受診及び健康管理手帳交付実績

元国鉄職員に対する石綿(アスベスト)を起因とする業務災害補償等認定実績(PDF:706KB)

国による健康管理手帳の交付について

国による健康管理手帳の交付内容につきましては、下記、厚生労働省の資料をご覧ください。

「石綿に関する健康管理手帳」の交付について
→「厚生労働省のホームページ」にリンクします。

※ 労働安全衛生規制の改正により、石綿健康管理手帳の交付要件を拡大(平成19年10月1日より施行)

国鉄において石綿(アスベスト)に関連した業務を行った可能性が否定できない職場の例

国鉄において石綿(アスベスト)に関連した業務を行った可能性が否定できない職場は、以下のとおりです。

  • 工場・機関区・電車区・気動車区・客貨車区・自動車営業所・船舶関連職場等の機関車、鉄道車両、自動車又は船舶を検査、点検、修理又は解体する業務を行った職場。
  • 建築区、電力区等のアスベスト関連部材等に接する機会があった職場。

元国鉄職員に対する石綿(アスベスト)に関する健康診断受診のお知らせ

元国鉄職員(各JRで退職された方は除きます)で上記職場に所属された方を対象に、石綿(アスベスト)に関する健康診断費用の負担(一回限り)を行っています。
詳細は下記「元国鉄職員に対する石綿(アスベスト)に関する健康診断受診のお知らせ」をご覧ください。

元国鉄職員に対する石綿(アスベスト)に関する健康診断受診のお知らせ

時効により業務災害補償の請求権が消滅したご遺族の救済について

元国鉄職員のご遺族で、時効により業務災害補償の請求権が消滅した場合の救済については、現在通常の業務災害に準じた補償を行っています。
(補償の請求は平成34年3月27日まで)
詳細は下記「時効により業務災害補償の請求権が消滅したご遺族の救済について」をご覧ください。

時効により業務災害補償の請求権が消滅したご遺族の救済について

国による石綿(アスベスト)による疾病の労災認定基準のご紹介(参考)

国による石綿による疾病の労災認定基準の内容につきましては、下記、厚生労働省の資料をご覧ください。

石綿(アスベスト)による疾病の労災認定基準の改正について
→「厚生労働省のホームページ」にリンクします。