JR株式の処分

JR株式については、これまでにJR東日本、JR西日本、JR東海及びJR九州の株式を全て売却しており、これら4社は完全民営化されました。 残るJR北海道、JR四国及びJR貨物の株式については、国等の関係機関と連携を図りつつ、各社の今後の経営状況の推移等を見極めながら、適切な処分方法の検討等を行っております。

JR株式の処分の経緯

JR本州三社株式の第1次売却

平成5年10月にJR東日本株式250万株、平成8年10月にJR西日本株式約136.6万株、平成9年10月にJR東海株式約135.4万株を、それぞれ入札・売出しの組合せ方式で売却しました。JR本州三社は、株式売却直後に東京証券取引所等への上場を果たしています。

JR本州三社株式の第2次、第3次売却

平成11年8月にJR東日本株式100万株をブックビルディング方式(注1)で売却しました(第2次売却)。その後、平成13年12月にJR本州3社を適用対象から除外すること等を内容とするJR会社法の一部改正法が施行されたことにより、JR本州三社の完全民営化に向け、法制面での環境が整備されました。

  • (注1)ブックビルディング方式とは、投資家に対する需要状況の調査を通じて、需要の積上げを行い、その結果に基づいて売出価格を決定するものです。

イメージ

これを受け、平成14年6月にJR東日本株式50万株をブックビルディング方式で売却し、JR東日本株式の売却が全て終了しました(第3次売却)。

平成16年3月にJR西日本株式約63.4万株をブックビルディング方式で売却し、JR西日本株式の売却が全て終了しました(第2次売却)。

平成17年7月にJR東海株式60万株をブックビルディング方式で売却し(第2次売却)、さらに、平成18年4月にJR東海の自己株式の買付に応じて、約28.6万株を売却し、JR東海株式の売却が全て終了しました。

JR九州株式の売却

平成28年4月にJR九州を適用対象から除外すること等を内容とするJR会社法の一部改正法が施行され、これを受け、平成28年10月にJR九州の株式1億6,000万株(注2)をブックビルディング方式で一括売却し、JR九州は東京証券取引所等への上場を果たしました。

  • (注2)旧国鉄から旧清算事業団に承継された時の株式数は32万株でしたが、平成28年8月に東京証券取引所の上場規程に従い500分割したことにより、1億6,000万株となりました。

旧国鉄から承継されたJR本州三社及びJR九州の株式については、計1億6,824万株の売却が終了し、4兆4,503億円の収入がありました。


JR株式の売却実績
JR株式の売却実績