震災復旧への協力に対するJR東日本からの感謝状について

 3月11日に発生した東日本大震災では、東北地方を中心にJR東日本の鉄道施設にも未曾有の被災があり、東北地方の旅客輸送の動脈である東北新幹線も運休を余儀なくされました。 機構では、東北新幹線の早期の運行再開に協力するため、JR東日本の要請により、軌道工事用車両(10tトロ)及び建築限界測定車の貸し出しなどの支援を行ってきました。これらの支援に対し、7月26日にJR東日本から感謝状をいただきました。 なお、東北新幹線は4月29日に最後まで不通になっていた仙台〜一ノ関間が開通しました。JR東日本の懸命な復旧作業により、震災から約1カ月半という短い期間で全線で運行を再開して、東北地方の復興に役立っています。

画像
JR東日本 林常務取締役から感謝状を受け取る金澤副理事長(右)