日本鉄道賞を受賞

 「鉄道の日」実行委員会より、鉄道における利便性向上等についての積極的な取り組みにより鉄道の振興、社会への貢献等のあった事業者又は団体等を表彰する「日本鉄道賞」を受賞しました。

日本鉄道賞

新幹線でつなげよう、日本!〜新青森・鹿児島中央間全通〜

 (受賞者:鉄道・運輸機構、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR九州)
 昭和34年の東海道新幹線の着工以来52年の歳月を経て、昨年12月に東北新幹線が新青森まで開業し、本年3月に九州新幹線が全線開業したことにより、青森から鹿児島までが新幹線で結ばれました。世界最長の複線断面の陸上トンネルである八甲田トンネル(26.5km)等を高度な技術力により建設したこと、新型高速車両の開発導入、山陽・九州新幹線の直通運転開始などが大きく寄与し、大幅な所要時間の短縮と沿線地域の発展に大きく貢献したことが評価されたものです。

日本鉄道賞表彰選考委員会特別賞

よみがえる鉄路(東日本大震災からの復旧・復興)〜東北の中小鉄道事業者等を支えた鉄道技術者集団と東北ローカル線復興支援キャンペーン〜

 (受賞者:東北鉄道協会、JR東日本東北工事事務所、鉄道・運輸機構、株式会社ジェイアール総研エンジニアリング)
 本年3月の東日本大震災により大きな被害を受けた中小鉄道事業者等に対して、高度な鉄道技術を有するJR東日本東北工事事務所、鉄道・運輸機構、ジェイアール総研エンジニアリングが、震災直後から現地入りし、被災状況の把握や復旧工法等を指導し、早期復旧・経費の削減等が図られました。また、東北鉄道協会は、中小鉄道事業者の復旧・復興支援イベントを開催し、沿線の被災者を勇気づけるとともに、ローカル鉄道の意義、魅力を多くの地域住民等に訴えたことが評価されたものです。三陸鉄道など未だ復旧途上の鉄道もありますが、一日も早い復旧・復興を心から願う気持ちも込めて、特別賞に選考されました。

 表彰式は、10月14日に開催された第18回「鉄道の日」記念祝賀会において行われ、日本鉄道賞表彰選考委員会の森地委員長から、記念の楯が授与されました。

機構石川理事長(右)への日本鉄道賞授与
機構石川理事長(右)への日本鉄道賞授与


日本鉄道賞(新幹線でつなげよう、日本!)
日本鉄道賞(新幹線でつなげよう、日本!)


日本鉄道賞特別賞「よみがえる鉄路」
日本鉄道賞特別賞「よみがえる鉄路」