北海道新幹線 新青森駅H5系車両初入線歓迎セレモニー

5月24日(日)、北海道新幹線の列車走行試験において、H5系車両が奥津軽いまべつ駅・新青森駅間を初めて走行し、新青森駅へ初入線しました。
当日、午前1時21分に奥津軽いまべつ駅を出発したH5系車両は、ゆっくりした速度で各種試験を行いながら午前3時21分新青森駅へ初入線し、鹿内青森市長をはじめ青森県や青森市の関係者ならびにお出迎えに駆けつけたゆるキャラ3体を含む総勢40名ほどが拍手や横断幕による盛大な歓迎セレモニーで迎えてくれました。
また、H5系車両到着後、ホーム上において鹿内青森市長から梅田青森新幹線建設局長への花束贈呈が行われました。
この日をもって、来年3月に開業する新青森・新函館北斗間のすべての区間をH5系車両が走破したことになり、開業が迫ってきたことを実感するとともに、北海道新幹線開業に対する期待の大きさを改めて実感する一日となりました。

写真
新青森駅へ初入線したH5系車両
写真 写真
当日お出迎えをしたゆるキャラたち
(左から、ねぶたん、マギュロウ、いくべぇ)
鹿内青森市長から花束贈呈