タイ王国運輸副大臣と北村理事長との会談

 1月25日(木)、機構本社においてタイ王国パイリン運輸副大臣一行と北村理事長他幹部が会談を行いました。
 理事長からのご挨拶に続き、服部理事から機構の業務内容や日本の新幹線建設の流れなどのほか、台湾高速鉄道建設時の機構の協力状況についても説明を行いました。
 これらに対しタイ側から強い関心が示され、整備新幹線のスキームや日本での機構の役割・立場など、これまでの海外高速鉄道案件への機構の協力状況について、メインテーブルの方々殆ど全員より多くの質問がありました。それに対し、理事長、副理事長他幹部から丁寧にお答えしました。