第15回安全表彰式を開催しました

 平成30年7月4日、鉄道・運輸機構本社内20階会議室において「第15回安全表彰式」を開催しました。本表彰式は鉄道公団時代を通じて39回目となります。毎年7月の全国安全週間にあわせて開催しているもので、施工会社の事故防止に対する意欲の向上を図ることを目的としています。
 今回は、平成29年度に機構の工事を施工した受注者217社の中から、事故防止に顕著な成績を挙げた以下の8社(1社重複)が表彰されました。
 表彰式では、受賞会社の代表と本社の事故防止委員が列席するなか、北村理事長から各社の代表者へ表彰状が授与されました。理事長からは「平成29年度の工事関係事故件数は、25件であり、重大事故については、4件の死亡事故、トンネル崩落によるグラウンド陥没の公衆災害が発生しました。機構としても、尊い人命を守ることは言うまでもなく、公衆災害の防止を役職員一同目指していく所存でございますので、各社におかれても、事故防止にご尽力していただきたい。」との挨拶があり、出席者一同、今後も事故防止に努めていくことを改めて認識し、閉会しました。

【第一部門】
 
土 木
(株)錢高組、五洋建設(株)、若築建設(株)、西松建設(株)、 (株)富士ピー・エス
【第二部門】
 
架 設
(株)ピーエス三菱
軌 道
名工建設(株)
建 築
名工建設(株)
画像
表彰会社集合写真