機構を支える5つのフィールド

日本の地域を結び、人々の暮らしに活力と豊かさをもたらす交通ネットワークを築いていくことが私たちの使命です。
プロジェクトをまとめ上げるため、複雑に絡まった糸を丁寧に解くように一つ一つの問題を確実かつ迅速に解決していくことが必要とされます。
国の姿を変えるプロジェクトを進めていくという気概が、機構の職員には求められます。
5つのフィールドの職員が、機構を動かします。

JRTTの「ものづくり」を支える業務

事務系の業務は多岐にわたっており、鉄道建設における事業用地の取得や、工事等の入札・発注事務、船舶業務における建造支援業務や債権管理業務、総務や経理などの共通管理部門など、多くの役割を担っています。
組織を支えるための総務・人事、予算・決算などの管理的な業務から、鉄道の建設・船舶共有建造の最前線まで様々な業務を通じて、JRTTのものづくりを支える役割を担います。

事務系の画像

何もない土地に鉄道構造物をつくり上げるやりがい

鉄道が走るために必要となるレール、レールを支える構造物。
その全てを何もない状態からつくり上げるのが土木系職員の役割であり、やりがいでもあります。
建設路線の調査・計画、鉄道構造物の設計監理、工事の施工監理、地元自治体や地域の皆様との協議、新しい建設技術の開発など、その業務は鉄道建設全般に広がっています。
ものづくりの圧倒的なスケールと、1mmまでもを追い求める緻密さの両立、すべては土木系職員の業務に対する真摯さから生まれます。

土木系の画像

鉄道の安全・快適を守る機械設備

駅でみなさんがよく目にするエスカレーターやエレベーター、可動式ホーム柵や出改札設備などを担当しています。
このほかにも、車両のメンテナンスを行うための機械設備、大雪でも運行を支える散水消雪設備やパネル融雪設備、建物の空調設備や地下トンネルの防災設備。
また、軌道新設工事や電線路の敷設工事用の特殊な工事用機械の運用などその業務は多岐に渡ります。
駅が快適に使えるために、車両が安全に運行できるために、列車が定刻に運行するためになくてはならない設備です。

機械系の画像

地域にとけこんだ駅をつくる

駅のデザインは自治体や地元の住民の方々と意見交換を重ね、パブリックコメントを活用するなど、地元と共に駅をつくることに取り組んでいます。
高齢者や障害者だけではなく、あらゆる利用者に対して、安全かつ安心して利用することができる「ユニバーサルデザインによる駅」の建設、そして地域の特性を駅舎に表現する為に、伝統工芸品や木材などの地場産材を仕上げ材として使用するなどの取り組みも行っています。
地元に愛され利用者に喜ばれる駅をつくるのが建築系職員のミッションです。

建築系の画像

安全で安定的な運行を支える電気設備

駅電気には5つの系統があります。
電気鉄道の電力供給の源である「変電」、電車への電気供給の大動脈である「電車線」、鉄道施設の快適な利用に欠かせない「電力」、情報のネットワークを構築する「通信」、鉄道の安全運行をつかさどる「信号」、どれも重要な役割を担い、それぞれ関連してきます。
安全で安定的な運行に加え、利用者へのサービス提供、省エネルギーや地域環境に配慮したシステムの採用など、進化を続けています

電気系の画像
PAGE TOP