JRTTの仕事

一人ひとりの力が合わさり、大きな成果を生み出す

JRTTでは、その事業の大きさゆえに、一人ひとりが担当する業務は、意外にも小さく感じるかもしれません。
しかし、その力が全職員分集まると、大きな成果となって現われます。
古くは、上越新幹線や青函トンネル、最近では、九州新幹線やスーパーエコシップの建造など、
日本の交通ネットワークの発展に尽くしてきました。
その原動力は、職員一人ひとりの力であると私たちは考えています。

機構を支える5つのフィールド
鉄道が出来るまで
船舶共有建造とは
PAGE TOP