北海道新幹線建設局 随意契約 平成30年度(役務)

独立行政法人から公益法人への支出に関する随意契約に係る情報の公開(公共工事)
及び公益法人に対する支出の公表・点検の方針について(平成24年6月1日 行政改革実行本部決定)に基づく情報の公開


公共工事の名称、場所、期間及び種別 契約担当者等の氏名並びにその所属する部局の名称及び所在地 契約を
締結した日
契約の相手方の商号
又は名称及び住所
随意契約によることとした業務方法書
又は会計規定等の根拠規定及び理由
予定価格
(税込)
契約金額
(税込)
落札率 再就職の
役員の数
公益法人の場合 備考
公益法人の区分 国所管、都道府県所管の区分 応札・応募者数
北海道新幹線、新小樽(仮称)駅高架橋外1箇所詳細設計他
北海道小樽市
H30.11.05 〜 H32.11.04
土木設計調査
契約担当役
北海道新幹線建設局長
依田 淳一
札幌市中央区北二条西一丁目1番地
H30.11.02 (株)復建エンジニヤリング
東京都中央区日本橋堀留町1−11−12
複数の者から技術提案を求める標準プロポーザル方式を実施し、提案内容を評価した結果、左記相手方の技術提案書が特定されたことから、契約事務規程第38条第1号エの規定を適用し、随意契約を締結したものである。 302,821,200 283,824,000 93.7%         技術提案書提出者4者
北海道新幹線、新函館北斗・札幌間環境影響評価報告書作成1
 
H30.10.25 〜 H32.08.24
環境調査
契約担当役
北海道新幹線建設局長
依田 淳一
札幌市中央区北二条西一丁目1番地
H30.10.24 パシフィックコンサルタンツ(株)
東京都千代田区神田錦町3−22
複数の者から技術提案を求める標準プロポーザル方式を実施し、提案内容を評価した結果、左記相手方の技術提案書が特定されたことから、契約事務規程第38条第1号エの規定を適用し、随意契約を締結したものである。 25,790,400 25,596,000 99.2%         技術提案書提出者 6者
北海道新幹線、332k7・333k2間地すべり解析
北海道小樽市
H30.05.22 〜 H31.02.21
地質調査
契約担当役
北海道新幹線建設局長
依田 淳一
札幌市中央区北二条西一丁目1番地
H30.05.21 基礎地盤コンサルタンツ(株)
東京都江東区亀戸1−5−7
複数の者から技術提案を求める標準プロポーザル方式を実施し、提案内容を評価した結果、左記相手方の技術提案書が特定されたことから、契約事務規程第38条第1号エの規定を適用し、随意契約を締結したものである。 4,784,400 4,698,000 98.2%         技術提案書提出者 7者
※公益法人の区分において、「公財」は、「公益財団法人」、「公社」は「公益社団法人」、「特財」は、「特例財団法人」、「特社」は「特例社団法人」をいう。