土地ご購入の手続き:定価公募販売方式

定価公募販売とは、これまでに公開競争入札を実施した物件で、機構が明示する「土地の価格」でご購入を希望される方に、申込の先着順に販売する方法です。

お申し込み→売買契約締結→土地お引渡し

お申し込み

  • 購入申込書(PDF:12KB)
  • 購入申込書(Word:31KB)
  • (※購入申込書をこのページよりダウンロードし、プリントアウトしてご利用ください。)
  1. 購入申込書をプリントアウトします。
  2. 指定の購入申込書を窓口に直接持参するか、配達証明付き郵便でお申し込みください。(電話・FAX・メール等での申込は受付をいたしませんのでご了承ください。)
  3. 「購入申込書」の受付時間は、平日の午前10時 から午後5時までです。 土曜日、日曜日、祝祭日は受付をしません。 平日の午後5時以降に郵便(配達証明付)配達を受けた場合は、翌日の受付となります。 次の日が土曜日、日曜日、祝祭日の場合は次の業務開始日の受付となります。
  4. 申し込み者の資格は、成年被後見人及び被保佐人並びに破産者で復権を得ていない方、過去に機構の入札等を妨げた方を除き、応募できます。
  5. 申込みをされた方で物件の現地説明をお求めの方には、現地において現地説明を行ないます。
  6. 申込みをされた方順に売買契約の協議を行ないます。ただし、同一日に複数の申込が合った場合は、抽選により順位を決定いたします。

売買契約締結

  1. 購入申込者は、機構が指定する年月日(売却協議開始後10日以内)までに、売買契約を締結します。
  2. 売買契約締結時には、契約保証金として売買代金の100分の10の額を納入していただきます。
  3. 契約に要する費用は、土地購入者の負担となります。

土地お引渡し

  1. 売買契約締結の日から20日以内に土地売買代金の全額を納入していただきます。
  2. 納入が確認できましたら、機構が所有権移転登記を行い、土地をお引渡しいたします。
  3. 契約保証金を売買代金納入の一部に充てることもできます。
  4. 登記のために要する登録免許税は、土地購入者の負担となります。
  5. 中間省略登記等は行っていませんのでご了承ねがいます。
  6. 売買契約締結後、売買代金全額が納入されない場合は、契約を解除し契約保証金は、お返しできないこととなります。

注意事項

  • 定価公募販売方式案内書を、ご希望の方にお渡しいたします。(窓口まで、お越しください。)