概要

北海道新幹線は、函館市・小樽市付近を経由して札幌市に至る路線です。 現在は新函館北斗・札幌間の整備を行っています。


新函館北斗・札幌間の線路延長は約212kmであり、平成24年6月に工事実施計画の認可を受け、新青森・新函館北斗間の開業から概ね20年後の完成を予定して工事に着手しました。
平成27年1月の政府・与党申合せにおいて、沿線地方公共団体の最大限の取組を前提に、5年前倒しし令和12年度末(2030年度末)の完成を目指すこととされました。

北海道新幹線
北海道新幹線

路線図・工事等の実施状況

路線図・工事等の実施状況

立岩トンネル

北海道新幹線新函館北斗・札幌間建設工事のうち、立岩トンネル(立岩)他工事は、これまで現地で工事を始めるための準備を進めて参りましたが、このたび準備が整い、本格的に工事着手する運びとなりました。

自動再生

※ルートは大まかな位置を示したもので、実際と異なる場合があります。ルートに関する詳細は、北海道新幹線建設局までお問い合わせください。
※施工範囲が長大となる特性上、各工区等の範囲内でポイントとなる大まかな位置を示しており、各構造物・施設の位置は、写真の撮影箇所から離れている場合があります。

事業の進捗状況

(2019年12月1日現在)

用地取得率

用地取得率=取得済面積/要取得面積

土木工事着手率

土木工事着手率=着工延長/土木工事延長

新函館北斗・札幌間の諸元表

完成予定時期 令和12年度末(2030年度末)
工事延長 約211.9㎞
路 盤:約11.4㎞(約5%)
橋りょう:約4.3㎞(約2%)全94箇所
高架橋:約27.3㎞(約13%)
トンネル:約168.9㎞(約80%)全17箇所
線路延長 約212km
主要なトンネル 渡島トンネル(約32.7㎞)、後志トンネル(約18.0㎞)、札樽トンネル(約26.2㎞)
主要な橋りょう 遊楽部川橋りょう(245m)、尻別川橋りょう(340m)、南倶登山川橋りょう(210m)
経過地 北斗市、厚沢部町、八雲町、長万部町、黒松内町、蘭越町、豊浦町、ニセコ町、倶知安町、仁木町、赤井川村、余市町、小樽市、札幌市
新函館北斗、新八雲(仮称)、長万部、倶知安、新小樽(仮称)、札幌

公表事項

トンネル発生土の対応について

機構は、トンネル発生土に含まれる自然由来重金属等による周辺環境への影響を考慮し、安全安心のため自主的に対処しております。

トンネル発生土の対応について トンネル発生土の対応について(PDF:631KB)

パンフレット

北海道新幹線 (PDF:36,534KB)