概要

北海道新幹線は、函館市・小樽市付近を経由して札幌市に至る路線です。 現在は新函館北斗・札幌間の整備を行っています。


新函館北斗・札幌間の線路延長は約212kmであり、平成24年6月に工事実施計画の認可を受け、新青森・新函館北斗間の開業から概ね20年後の完成を予定して工事に着手しました。
平成27年1月の政府・与党申合せにおいて、沿線地方公共団体の最大限の取組を前提に、5年前倒しし令和12年度末(2030年度末)の完成を目指すこととされました。

北海道新幹線
凡例

路線図・工事等の実施状況

地図をズームすると、各工区の進捗状況の写真が閲覧できます。

※地図をズームし、各工区の進捗状況を見るには、(PC)Ctrlキーを押しながらスクロール、(スマートフォン)指2本で操作してください。

路線図・工事等の実施状況

立岩トンネル

北海道新幹線新函館北斗・札幌間建設工事のうち、立岩トンネル(立岩)他工事は、これまで現地で工事を始めるための準備を進めて参りましたが、このたび準備が整い、本格的に工事着手する運びとなりました。

自動再生

凡例

※ルートは大まかな位置を示したもので、実際と異なる場合があります。ルートに関する詳細は、北海道新幹線建設局までお問い合わせください。
※施工範囲が長大となる特性上、各工区等の範囲内でポイントとなる大まかな位置を示しており、各構造物・施設の位置は、写真の撮影箇所から離れている場合があります。

事業の進捗状況

(2022年6月1日現在)

用地取得率

用地取得率=取得済面積/要取得面積

土木工事着手率

土木工事着手率=着工延長/土木工事延長

新函館北斗・札幌間の諸元表

完成予定時期 令和12年度末(2030年度末)
工事延長 約211.9㎞
路盤:約11.4㎞(約5%)
橋りょう:約4.3㎞(約2%)
高架橋:約27.3㎞(約13%)
トンネル:約168.9㎞(約80%)全17箇所
線路延長 約212km
主要なトンネル 渡島トンネル(約32.7㎞)、後志トンネル(約18.0㎞)、札樽トンネル(約26.2㎞)
主要な橋りょう 遊楽部川橋りょう(245m)、尻別川橋りょう(340m)、南倶登山川橋りょう(210m)
経過地 北斗市、厚沢部町、八雲町、長万部町、黒松内町、蘭越町、豊浦町、ニセコ町、倶知安町、仁木町、赤井川村、余市町、小樽市、札幌市
新函館北斗、新八雲(仮称)、長万部、倶知安、新小樽(仮称)、札幌

ニュースレター

鉄道・運輸機構(JRTT)北海道新幹線建設局ではニュースレターを発行しています。
北海道新幹線建設に関する様々な情報を発信していきます。

WORKING REPORT

固い岩盤を慎重に掘り進み徐々に姿を現しつつある小樽の新幹線

北海道の開拓を支えた港町・小樽

「ぜひ、ここから小樽市街を見ていただきたいと思ったんです」


標高532mの天狗山山頂で、小樽鉄道建設所の羽生田康雄所長が言った。目の前に、小樽市街と日本海が広がっている。


「小樽は、明治以来北海道開拓の重要な港湾で、交通と物流の要衝でした。北海道最初の鉄道は手宮・札幌間を結び、ここからもその線路跡が見えています」


少し歩いて、東側の第三展望台に移動すると、眼下の谷にオレンジのネットで囲った一角が見えた。


「新小樽(仮称)と呼んでいる新駅の予定地です。まだ工事には着手していませんが、5月に小樽市へ新駅のデザインコンセプト作成を依頼しました。1年をめどに作成していただき、それを元に当機構で複数のデザイン案を作成します」


北海道新幹線新函館北斗・札幌間は、令和12年度末の開業を目指して各地で工事が進められている。平成29年4月に発足した小樽鉄道建設所は、余市町から小樽市を経て札幌との市境付近まで、22.0kmの土木施設建設を担当する建設所だ。現在担当の5工区は全てトンネルである。施工する工事の大部分が、トンネル建設である。この春から所長を務める羽生田所長は埼玉県出身。九州新幹線の工事監理業務をはじめ、リニア中央新幹線の技術検討業務、大阪で準備が進むなにわ筋線など都市鉄道の基礎調査などや、鉄道建設に関わる幅広い業務を手掛けてきた。


小樽鉄道建設所は、後志(しりべし)トンネル(一部)、朝里トンネル、札樽(さっそん)トンネル(一部)の3トンネルを5工区に分けて担当している。現在は4工区でトンネル掘削工事が進行中だ。天狗山から下り、まずは起点方の後志トンネル塩谷工区に向かった。

天狗山山頂から一望する小樽市街。山頂から海岸までの4km 弱に市街が集まっている
天狗山山頂から一望する小樽市街。山頂から海岸までの4km 弱に市街が集まっている
■小樽鉄道建設所担当区間
■小樽鉄道建設所担当区間

バックナンバー

さまざまな工法を使い分け、自然環境を守りながら進むトンネル工事(鉄道・運輸機構だより2020秋季号)

北海道特有の自然環境に配慮したトンネル工事(鉄道・運輸機構だより2018秋季号)