• ホーム
  • ウェブアクセシビリティ

ウェブアクセシビリティ

当サイトをご利用いただくにあたってのルールについて掲載しています。

ウェブアクセシビリティ方針

JRTTウェブサイトは、高齢者や障害者を含む誰もが利用できるものとなるよう、日本工業規格JIS X 8341-3:2016「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」(以下「JIS X 8341-3:2016」という。)のウェブコンテンツのアクセシビリティ(以下、「ウェブアクセシビリティ」という。)適合レベルAAの基準を満たすものとする。

1 対象範囲

JRTTのウェブサイト(https://www.jrtt.go.jp/)

(1)2019年度は優先度が高いと判断したページ (サイトマップの各項目及びアクセス数が多いページ)について、ウェブアクセシビリティ適合レベルAAの基準を満たすものとする(具体的なページについては、試験結果を公開する際に公表する)。なお、試験はウェブページ単位で実施する。

(2)2020年度以降は、年度ごとに対象ページを選定し、ウェブアクセシビリティ適合レベルAAの基準を満たすページを着実に増やしていくこととする。

2 目標とする適合レベル及び対応度

サイト全体においてはJIS X 8341-3:2016のウェブアクセシビリティ適合レベルAAに準拠

注記:当ウェブアクセシビリティ方針における「準拠」という表記は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツの JIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン - 2016年3月22日」(URL http://waic.jp/docs/jis2016/compliance-guidelines/201603/)で定められた表記による。

3 追加する達成基準

適合レベルA及びAAの基準に加えて、以下の達成基準にも対応するものとする。

(1)2.1.3 キーボード(例外無し)の達成基準(適合レベルAAA)

(2)2.3.2 3回のせん(閃)光の達成基準(適合レベルAAA)

4 スケジュール

(1)2020年1月末:上記「1.(1)」について、試験結果を公表する。

(2)2020年3月以降:毎年度試験を実施し、状況に応じて本方針を見直す。

5 試験結果

2019年度試験結果

6 その他

JRTTでは、職員がウェブサイト管理システム(以下、「CMS」という。)を利用してページを作成する際のガイドライン(職員向け)を策定し、ウェブアクセシビリティに配慮したページの作成を行っている。 なお、ウェブアクセシビリティ基準に対応できなかった部分については、その課題を明確にし、職員に対し継続的な教育及び研修等を行っていくことで、職員のウェブアクセシビリティ能力の向上を図っていく。