概要

九州新幹線(西九州ルート)は、佐賀市付近を経由して福岡市と長崎市を結ぶ路線です。現在は武雄温泉・長崎間の整備を行っています。


武雄温泉・長崎間の線路延長は約66kmであり、平成20年3月に武雄温泉・諫早間で暫定整備計画(スーパー特急方式)として工事実施計画の認可を受けて工事に着手しました。平成24年6月に武雄温泉・長崎間で、標準軌による工事実施計画の認可を受け、認可の日から概ね10年後の完成を目指して工事に着手しました。
令和4年度(2022年度)秋頃の完成予定に向けて、工事を進めています。

九州新幹線

路線図・工事等の実施状況

地図をズームすると、各工区の進捗状況の写真が閲覧できます。

※地図をズームし、各工区の進捗状況を見るには、(PC)Ctrlキーを押しながらスクロール、(スマートフォン)指2本で操作してください。

路線図・工事等の実施状況

立岩トンネル

北海道新幹線新函館北斗・札幌間建設工事のうち、立岩トンネル(立岩)他工事は、これまで現地で工事を始めるための準備を進めて参りましたが、このたび準備が整い、本格的に工事着手する運びとなりました。

戻る

自動再生

進む

※ルートは大まかな位置を示したもので、実際と異なる場合があります。ルートに関する詳細は、九州新幹線建設局までお問い合わせください。
※施工範囲が長大となる特性上、各工区等の範囲内でポイントとなる大まかな位置を示しており、各構造物・施設の位置は、写真の撮影箇所から離れている場合があります。

事業の進捗状況

(2021年6月1日現在)

用地取得率

用地取得率=取得済面積/要取得面積

土木工事着手率

土木工事着手率=着工延長/土木工事延長

武雄温泉・長崎間の諸元表

完成予定時期 令和4年度(2022年度)秋頃
工事延長 約67km
路盤:約5.3㎞(約8%)
橋りょう:約7.1㎞(約11%)全168箇所
高架橋:約13.6㎞(約20%)
トンネル:約41.0㎞(約61%)全31箇所
線路延長 約67km
主要なトンネル 俵坂トンネル(約5.7㎞)、久山トンネル(約5.0km)、新長崎トンネル(約7.5km)
主要な橋りょう 袴野架道橋(152m)、千綿川橋りょう(213m)、第2本明川橋りょう(265m)
経過地 武雄市、嬉野市、東彼杵町、大村市、諫早市、長崎市
武雄温泉、嬉野温泉、新大村、諫早、長崎

公表事項

佐世保線(肥前山口・武雄温泉間)複線化事業環境影響評価

九州新幹線(武雄温泉・長崎間)環境影響評価

広報誌特集

いよいよ完成間近となった駅建設。住民参加で地域の人々とともに築く駅

過去の特集

地域とともに作り上げるまちの玄関嬉野と武雄に新たな駅が姿を見せる(鉄道・運輸機構だより2020春季号掲載)

着々と進む軌道スラブとレールの敷設 嬉野に87年ぶりの汽笛が響く(鉄道・運輸機構だより2019春季号掲載)