九州新幹線(新八代・鹿児島中央間)

開業日時:2004年3月13日

九州新幹線(新八代・鹿児島中央間)の開業は、沿線地域の生活圏の拡大、観光・レクリエーションの振興や経済活動の活性化等に寄与しています。

概要

九州新幹線(新八代・鹿児島中央間)の延長は約126kmとなっています。平成3年8月に工事実施計画の認可を受け工事に着手し、約12 年半の工期を要し平成16年3月13日に開業しています。九州における新幹線の開業は昭和50年3月に山陽新幹線が博多に乗入れて以来、実に29年振りのことです。

開業した新八代~鹿児島中央間の構造物の構成は、トンネル区間が約69%、高架橋などの明り区間が約31%となっています。 設置された駅は新八代・新水俣・出水・川内・鹿児島中央の5駅となっています。このうち、新八代駅と新水俣駅については鹿児島本線に新駅を設置して、在来線との接続を図っています。

博多・鹿児島中央間の所要時間は3時間40分から2時間12分となり、約90分の短縮が図られています。移動時間の短縮により、ビジネス・観光などの機会が拡大しています。

新たな技術

在来線との乗り換え駅となる新八代駅では、在来線特急が新幹線高架ホームに直接乗入れる、全国で初めての同一ホームでの対面乗換え方式を採用しました。その結果、従来では乗換え時間が約10~15分程度かかるところを3分に短縮することができました。

ギャラリー


上空から見た鹿児島中央駅

出水市平松地区を走るつばめ

新旧つばめ並走

新幹線で初の4径間連続PC斜版橋
川内川橋りょう

鉄道建設