令和3年度内航船支援セミナー

※2021年12月1日:講演資料を掲載しました。

令和3年度内航船支援セミナー概要

鉄道・運輸機構(JRTT)では、内航海運に携わる皆さまの課題解決の一助となるべく、最新の情報提供の機会として『内航船支援セミナー』を開催いたします。

本セミナーでは、鉄道・運輸機構の最近の取り組み、船舶分野におけるバイオ燃料の活用、多数の低軌道衛星を利用した情報通信サービスの構想や走錨リスク判定システムの活用方法、内航カーボンニュートラル推進に関する最新情報について、ご紹介いたします。

開催概要は下記のとおりです。是非ご参加いただきますよう、よろしくお願いいたします。(事前登録制)

開催日時

2021年(令和3年)11月29日(月) 13:30~16:00(終了予定)

開催方法

  •  鉄道・運輸機構本社 (20階第1・第2会議室)
  •  Microsoft Teamsによるオンライン配信

同会場での参加及びオンライン配信を併用して開催します。

申込方法

※お申込みの受付を終了いたしました。
 多数のお申込みありがとうございました

講演内容

(1)「労働環境改善船」の設備要件見直し案及び共有建造制度の主な改正点

 講師:齋藤 徳篤 (鉄道・運輸機構 共有船舶建造支援部 担当部長)

(2)ユーグレナ社バイオ燃料の取組について~船舶分野での可能性~

 講師:尾立 維博 (株式会社ユーグレナ 執行役員 エネルギーカンパニー長)

(3)ソフトバンクのNTN構想

 講師:押田 祥宏 (ソフトバンク株式会社 サービス企画技術本部 グローバル通信事業統括部 担当部長)
 ※Non-Terrestial Network:低軌道衛星通信「OneWeb」を含む空からの通信

 講演資料(PDF:5,267KB)

(4)走錨リスク判定システム(錨ing(イカリング))

 講師:深石 晃  (国土交通省 海事局 安全政策課 課長補佐)
    宮崎 英樹 (国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所 流体性能評価系
           上席研究員)

 講演資料①(PDF:1,755KB) 講演資料②(PDF:4,187KB)

(5)内航カーボンニュートラル推進に向けた検討

 講師:河合 崇  (国土交通省 海事局 海洋・環境政策課 技術企画室長)

 講演資料(PDF:7,348KB)

その他配布資料

KDDI株式会社配布資料 「SpaceX社の衛星ブロードバンド『Starlnk』と業務提携 au通信網に採用」(PDF:461KB)

スカパーJSAT株式会社配布資料 「海洋ブロードバンドサービス JSAT Marine」(PDF:1,525KB)

注意事項

(1)ご視聴には、Microsoft Teamsの利用可能な端末及びインターネット接続ができる環境が必要です。事前に
   視聴環境のご用意をお願いいたします。
(2)セミナー事務局から招待用のURLを送付するため、「kensoku@jrtt.go.jp」からのメールが受信できるよう
   設定のご確認・ご変更をお願いいたします。
(3)お申し込みの際にご登録いただいた個人情報につきましては、当機構のプライバシーポリシーに従い、適切
   に取り扱います。

お問合せ先

担  当 電話番号 E-mail
共有船舶建造支援部 建造促進課 045-222-9138 kensoku@jrtt.go.jp
共有船舶建造支援部 技術企画課 045-222-9124