内航の課題解決に向けた技術の橋渡し『内航ラボ』

JRTTでは、労働環境改善、環境負荷低減、安全性向上等の内航海運事業者が直面している課題の解決に向け、技術のシーズを持つ企業等と内航海運事業者との橋渡しを行い、技術に対する理解を促進し、さらには試行の機会を創出する取組みである『内航ラボ』を実施しています。

実施例
  • 俯瞰映像モニタリングシステムの内航船での有効性検証(沖電気工業株式会社)
    4方向のカメラ映像を合成して俯瞰映像を表示する技術で、船舶の周囲の状況をリアルタイムで把握でき、操船の負担軽減や衝突防止への効果が期待されるものです。八幡丸漁業運輸株式会社のご協力により、内航船における有効性の検証が行われました。(2020年10月6日プレスリリース

連絡先

共有船舶建造支援部 技術企画課
TEL: 045-222-9124
FAX: 045-222-9150
E-mail: naiko.lab-64cf@jrtt.go.jp