労働環境改善船

労働環境改善船とは

JRTTでは、国土交通省が平成29年6月に公表した「内航未来創造プラン」の実現に向けた取組みとして、平成30年度に労働環境改善船の制度を設け、船員の居住環境改善と労働負担軽減を図る船舶の建造を促進しています。
労働環境改善船は、船員の居住環境改善のために、居住区の騒音や振動を抑えるとともに、各部屋に独立した空調機能や船内LAN、Wi-Fiを備えた船舶です。また、労働負担軽減の観点から、航海データや機関データを効果的に活用する機器等を備えています。
これらに加え、従来燃料として使用されていたC重油に代わりA重油等の専焼とすることにより、機関部の労働負担軽減および労働環境改善を図り、合わせて2020年からの硫黄酸化物(SOx)の排出規制強化にも対応します。
なお、労働環境改善船として建造される船舶に対しては、最大0.2%の金利軽減が適用されます。詳しくは「事業金利」の「金利軽減等制度」をご覧ください。

労働環境改善船基準の概要
労働環境改善船の主な要件

基準適合機器の一覧

主な設備要件について、労働環境改善船基準への適合を確認している機器の一覧は以下をご参照ください。

お問合せ

一覧表に記載されていない機器について、基準への適合確認や一覧表への記載等を希望される機器製造事業者等の方は、以下の連絡先までお問合せください。
そのほか、労働環境改善船に関するご相談全般に応じております。

連絡先

共有船舶建造支援部 技術支援課
TEL 045-222-9123
FAX 045-222-9150