安全・安定・快適を支える機械設備

機構の機械部門は、バリアフリーを推進するための旅客設備や車両の運行を支える車両検査修繕設備などの建設に携わっています。
旅客設備では、『人に優しい駅』-安全で快適なサービスの提供-を目指しています。
車両検査修繕設備では、検査の省力化を推進しています。
東北・北陸地方などの豪雪地帯では、冬季間の安定した列車運行を確保するため、雪害対策設備の開発を行っています。

バリアフリー対応設備

平成18年に「高齢者、身害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー新法)」が施行され、安全で快適なサービスを提供する社会的重要性が更に増しております。 機構では、今後とも『人に優しい駅』の構築を目指し、整備を行っていきます。
機構で採用したバリアフリーに対応した設備の一例を紹介します。

二方向扉エレベータ

エレベータのかごに2ヵ所扉があり、車椅子をかご内で回転することなく乗降できます。

可動式ホーム柵

ホームの線路側に柵と扉を設置し、ホームからの転落防止を図ります。

車両検査修繕設備

鉄道車両は、安全で安定的な輸送形態を保つため、定期検査が義務づけられています。通常、定期検査は車両基地や工場などで行われます。機構では、検査修繕作業に伴う"3K"(きつい、汚い、危険)作業の低減のため、省力化を進めています。
機構で採用した検査修繕装置の一例を紹介します。

車体自動塗装装置

車体(側面・妻・先頭・屋根)の塗装をロボットアームによる自動制御で行い、作業の自動化を図っています。 また、塗装中に発生する揮発性有機化合物の除去設備も設置し、環境対策をしています。

台車抜取装置

台車が故障した際など臨時に台車を交換するときに台車抜取装置により台車の交換を行います。編成を切り離すなどの作業が不要で、速やかな交換が可能です。

雪害対策設備

北海道新幹線、東北新幹線、北陸新幹線、ほくほく線のように豪雪地帯を通過する鉄道では、冬季間の安定した運行が重要な課題です。機構ではそれぞれの運行状況や地域特性に合った雪害対策設備の開発を行ってきました。
機構で採用した雪害対策設備の一例を紹介します。

散水消雪設備

温水を軌道脇のスプリンクラーから散水する方式です。東北新幹線と北陸新幹線で採用しました。

温水パネル融雪設備

軌道上に降った雪をラッセル車等で、軌道脇に敷設したパネル上に除雪し、パネル内に温水を循環させることにより融雪する方式です。ほくほく線で実用化し、北陸新幹線でも採用しました。

温水ジェット設備

分岐器の不転換対策設備であり、雪塊などが分岐器に挟まった場合に高圧温水を噴射し、急速除去する方式です。東北新幹線、北陸新幹線で採用しました。

エアジェット設備

分岐器の不転換対策設備であり、極寒地での凍結を防ぐため、高圧の温水に代わり圧縮空気を噴射する方式です。北海道新幹線で採用しました。

地下鉄道の換気・空調・排煙設備

りんかい線やみなとみらい線、つくばエクスプレスのように都市部の地下を走る鉄道では、駅やトンネル内の環境対策および万が一火災が発生した時の対策が重要な課題です。機構ではこれらの対策を法令等に基づき整備してきました。機構が整備した設備の一例を紹介します。

トンネル換気・排煙設備

トンネル内の温度上昇抑制、空気清浄化と万一の火災発生時に、乗客を風上に避難させるためにトンネル部には換気・排煙設備を整備します。

連結送水管

万一トンネル内で火災が発生し、消防隊員による消火活動が必要な事態のときは、連結送水管に地上部では放水車に連結し、トンネル内では放水ホースを連結し、消防隊員の消火活動に役立ちます。

地下駅の換気・空調・排煙設備

地下駅構内の環境を維持するとともに、火災時には人命を守るため、ホーム、コンコース、駅務室、その他諸室に、換気設備・空調設備・排煙設備を整備します。

鉄道建設