建設DX

建設DXビジョン

 持続可能な社会に向けた世の中の動きと連動しながら、今後進めていくべき、「生産性の向上」、
「安全・安心」 、「環境・GX」、「技術継承」への対応を明確にするために、建設DXビジョンを策定しました。
 建設DXビジョンは、「持続可能な社会に向けて"シンカ"する」ことをコンセプトに掲げ、3つの課題として、
「①安全性、環境負荷などの社会的課題」に対しては、「更に安全で地球にも優しい鉄道に"進化"する」、「②人口減少の深刻化と鉄道建設の担い手不足」に対しては、「これまで培った技術や事業遂行能力を"深化"する」、「③世界的に日本はデジタル技術の導入の遅れ」に対しては、「新技術を積極的に導入し絶えず変革する組織へと"新化"する」ことを目標に、"シンカンセン"のネクストステージに向けた、機構の"真価"を発揮する内容としています。
 また、この建設DXビジョンを具体化するためのロードマップを作成しました。今後、関係する基準類の整備などを進めながら、多様な事業主体や施策の実現に関係する各種計画と連携し、ビジョンの実現に向けた取組みを進めていきます。

建設DXビジョン全体版・概要版・パンフレット

全体版 → 建設DXビジョン(全体版)(PDF:10,179KB)
概要版 → 建設DXビジョン(概要版)(PDF:833KB)
パンフレット → 建設DXビジョン(パンフレット)(PDF:4,733KB)

建設DXビジョンロードマップ

全体版 → 建設DXビジョンロードマップ(全体版)(PDF:8,560KB)
概要版 → 建設DXビジョンロードマップ(概要版)(PDF:1,367KB)

鉄道建設